Managerial staff

Managerial staff

経営参謀

Managerial staff

事業内容

全てのサービスの根底に流れる2つのポイントは以下の通りです。

1) 【現象】と【課題】を混同しない
二つの点に焦点を合わせることにより、経営者自身及びその経営者の率いる組織の本質的な課題解決を行い、経営力向上と組織を成長・成功を目指せます。
① 不確実な時代や見えない未来を前提に、根源的な目的・目標を見極めること
② 事業や経営者自身に起きている「現象」ではなく、その現象を引き起こしている要因、即ち「真の課題」を探求すること。

2) 【売上・原価・費用の方程式】を軸に小さな実験を繰り返す
売上でも原価でも費用でも、必ずその金額を導き出す方程式が存在します。その方程式を軸に、小さな実験を繰り返し、何が正しくて、何に改善が必要か、タイムリーに把握し、ビジネスを回すことにより、経営力向上と組織を成長・成功を目指せます。
① 方程式を決定
② その方程式の各変数を動かす要因の特定
③ その変数を良化させる戦略・アクションアイテムを検討と小さな実験

具体的なサービス内容や提供形態は、個々の経営者の皆様の要望に沿った形でカスタマイズしていきます。ご希望や現状をお伝えくだされば、最も有効と思われるサービス形態をご提案させていただきます。ご参考までにいくつかの単体サービスの概要をご紹介いたします。

images

エグゼクティブ コーチング

01

経営者には、圧倒的な社会力「他者を巻き込み事を成す力」と人間力「自分自身を俯瞰する力」が求められます。日々、周囲からの信頼に残高を積み上げ、その残高を活用して、「自信」、「勇気」、「覚悟」をもって行動しなければなりません。エグゼクティブコーチングは、経営者のさらなる成長とその方々が率いる組織の成長・成功を目的として、1対1の対面方式で行われます。コーチは皆さまに対して、単に「質問」するのみではなく、「対話」や「アドバイス」を積極的に行い、経営者の皆さまと寄り添いながら共に成功に向かって歩んでいきます。

images

社内神経網の構築支援 及び 意思決定の支援

02

社内神経網とは、会社または組織で、「予算と実績の差異は何が原因で起きているのか?」、業務の効率化を阻む原因がどこにあるのか?」といった経営上の課題を事実に基づき適格に状況把握するための仕組みです。この社内神経網が脆弱であると、経営者の意思決定に過ちが生じたり、または、意思決定の時期を逸したりします。
経営者1人で全てを把握できていた時代では社内神経網の必要性は無いと言えますが、従業員数が数十人を超えてくると経営者がいかに高い現場想像力を備えていたとしても限界があり、社内神経網の構築が必ず必要になってきます。社内神経網を介して経営者に伝えられた情報を元に、分析や仮設を設定しながら、最適な意思決定を繰り返し行っていくことが、企業の成長と成功の鍵になります。

images

バーチャル管理本部長

03

経理部、財務部、人事部、法務部、総務部といった管理部門は、人間の体で言えば「脳幹」に相当します。そして、この「脳幹」が正常に機能して初めて、経営者は安心して経営ができます。しかし、中小企業における管理部門への人的投資は必ずしも十分でないという現実があります。  「豊富な業務知識・経験」と「各専門領域との強力なパイプ」そして、「卓越したコミュニケーション能力」を持ち合わせたバーチャル管理本部長が、お客様の管理部門のスタッフの方々との面談・Email・電話等により連携を取りながら、管理部門の機能強化を図りつつ、「経営者の懐刀」として、効率的に中小企業各社の成長に貢献します。

images

上場支援

04

株式上場は、My CompanyからOur Company、そしてYour Companyへと変貌していくプロセスです。上場準備は、お客様にとっては初めての経験であり、証券会社と監査法人からの支援や上場のみを目的とした短期的なサービスが必要になるケースもあります。 当社では、上場後の新しい環境下での継続的かつ安定的な会社の成長をも視野に入れた上で、より全体を俯瞰した目線での上場支援を目指しております。組織風土の変革、J-SOX対応を含めた業務フローの確立、より精度の高い予算編成、資本政策等々、証券会社や監査法人との協議も含め、上場後における継続的な成長現実的なソリューションを見出し、社内に定着化させることに重点を置いています。

images

成功を予測する 人事アセスメントシステムの提供

05

優れた人材の採用とその定着は大きな経営課題です。どんな人が「優れた成果」を達成できるのでしょうか? 「経験でも学歴でもない。それは、職務に適合しているかどうかにかかっている。(*)」 スキル・専門性や組織文化との適合性という要素もありますが、個々人の「思考スタイル」、「行動特性」、「仕事への興味」と職務との適合性も非常に大事です。個々人の潜在的な部分をも含んだ形での職務適合性を測定する人事アセスメントシステムを活用していただくことにより、職務に適合した人材の採用とその定着、また、新規事業の立ち上げに際しての適任者の発掘、さらには社員の意識改革が図れます。(*Harvard Business Review より引用) 

事業実績

設立以来4年間で、中小企業を中心に20社余に経営参謀としての価値を提供してきており、その半数以上が現在も継続中となっています。
また、エグゼクティブコーチングについては、東京証券取引所一部上場企業社長・役員・部長を含め50名余りを実施しており、現在も多数継続中となっています。

その他主なサービスの実績は下記の通りとなっています。
– 上場支援:4社(内2社継続中)
– 社内神経網の構築支援 及び 意思決定の支援:3社(全て継続中)
– バーチャル管理本部長:4社(全て継続中)

Contact

弊社事業内容に関するご相談、ご依頼、その他弊社に関するご質問が御座いましたら、
お気軽にお問い合わせください。